捜索犬が海外にはいる

警察犬とはくらべものにならないくらい長時間、訓練をしている『捜索犬』というのが海外にはいるそうです。
広範囲まで匂いをたどれるだけではなくて30年前の匂いも嗅ぎ分けるなんてすごいとしかいいようがありません。
しかももっと驚いたことに捜索する本人の匂いは必要ないそうです。
つまり個人を探すのではなく、遺体の匂いを探すことが出来る犬なんですね。
本物の遺体の肉片を使った訓練もしているそうです。
ただその場で誰かが怪我をして血を流しただけでも反応してしまうので、そこが少しマイナス面かもしれません。
生きている人間も探せるのかどうかちょっとわかりません。
血肉で探せるのだからおそらく探せるのでしょう。
日本にも優秀な捜索犬がいる方がいいですね。

コメントは受け付けていません。