遇者の檻

[遇者の檻 警視庁文書捜査官]を読みました。
最近、はまって読みまくっている作家さんの本を中断してシリーズ最新作を読みましたよ。
久しぶりに読んだような気がする麻見さんの作品はとても読みやすかったです。
犯人も、まあ、すぐにわかりますしね。
おもしろくてサクサク読める警察モノは好きです。
犯人が犯行予告というかなにかしらのメッセージを残していくなんて、ミステリー小説でしかありえません。
物語だから有りなのに、たまにこんなの普通はないでしょ!なんてツッコミをしたくなります。
文書を解読する捜査官の話しなので暗号とかが多いのは仕方がないのですが、ツクリモノっぽいんですよね。
まあ、登場するキャラ達も好きなので読み続けます。