苦手なところは避ける

お久しぶり!な作家さんの小説の新刊を読みました。
相変わらず殺人描写が気持ちが悪かったです。
推理ものとしてはどうか世間の評価はわかりませんけど、やはり面白い話しをつくる人だと思います。
読みお変わったあとに嫌な気持ちになる「イヤミス」でもないし。
ただ、本当の人体ぐちゃぐちゃなところはやめてほしいですね。
いや、一読者の私が注文をつけることではないのでこちらでちゃんとします。
怖そうな描写のところはちゃんと避けるようにしていますよ。
亡くなり方が後々のストーリーにかかわってきたとしても仕方がありません。
でも読んでもいったいどんな状態なのかわからないような遺体もありますけどね。
とにかく苦手なところは避けるようにしているので今後も読みたいです。