突然起こる味覚障害

カレーライスなど味の濃いものを食べても味がしない、麺類がゴムのように感じてしまう。
20年前の14万人から24万人に増えているのが味覚障害です。
最初は歯の治療をしていたのでその治療のせいだと思っていたのに突然味覚がなくなった方がいます。
ハンバーガーが雑巾のように、プリンがしょっぱく感じたりと食べる楽しみがなくなってしまいます。
甘味、辛味、酸味、旨みなど味そのものを感じなくなってしまいます。
味を感知する味蕾(みらい)といわれるところがある。
鉛不足が主な原因とされています。
無理なダイエットや偏った食生活を続けていると
つとレスや内臓疾患でも
ロールや豚レバー、パルメザンチーズなど
自分は大丈夫と思っていても検査をすると、酸味の反応がやや鈍いなどがある。
味覚は変化しやすいので注意が必要です。
タバコ、ダイエット、パン食、加工食品、アルコール、味が薄く感じる、歯周病や虫歯、ストレス、寝不足など。
5個当てはまると良くない傾向です。