胃の秋バテ

血液循環が悪くなって不調を引き起こします。
2年前の節電で冷房を控えていたときよりも今年の不調を訴える患者さんは温度差を指摘する人が多い
お風呂は40度以下のぬるめの温度に10分から40分ゆっくり入る
適度な運動や少しきついと感じるくらいの運動を毎日する。
40度以上のお風呂に入ると血圧もいっきに上がるのでよくなりません。
冷たいものはガストリンの分泌を増やし、自律しんけいの動きを低下させるので食べるのは良くない。
暴飲暴食を避ける
食後すぐ寝たり、空腹時にお酒やコーヒーもよくない
朝に白湯を朝コップに一杯飲むと、胃腸が温まりだんだん体温が上がってきて免疫と代謝が上がってくる。
白湯をのむとリラックスができる。
しかし無理に飲むのではなく自分にあった量を飲まないと逆にストレスになる。
正しい入浴と適度な運動に加えて朝に飲む白湯で秋バテを解消していきましょう。
冷たいもののあとに温かいものを飲むくらいの工夫でも大丈夫です。